家の模型

賃貸物件を借りるのに保証会社を使える

綺麗な室内

家を購入することは、主として資金面で難しい場合が多いですが、かといって賃貸物件なら、ずっと低い予算で住居を確保できるので簡単かというと、そうとも言い切れません。特に、身寄りがない等の事情で連帯保証人を頼める人を誰も思いつかない場合、収入面で全く問題がなくても、賃貸契約では困ったことになるでしょう。
しかし、従来は、連帯保証人ありきだった賃貸契約の現場も、最近は大きな変化がみられるようになってきました。その一つが、保証会社を利用することで、連帯保証人の存在を必須とはしない賃貸物件の増加です。不動産業者も、抱えている賃貸物件に誰も入居者がいないとビジネスが成り立ちませんので、賃料を払える借主なら、入居して欲しいのが本音です。そこで、連帯保証人の確保がネックになる借主に対して、保証会社を使って家賃債務保証してもらうサービスを提供することで、賃貸契約の壁をクリアできるようにしているのです。
保証会社は、連帯保証人とほぼ同じ役割を担う存在ではあるものの、家賃債務保証というサービスを提供することで利益を上げている企業なので、そのサービス利用の代金を借主が負担することになります。従って、住居関連コストとして、毎月の家賃プラス保証料を支払う点、しっかり認識しておきましょう。

最新情報

保証会社がいることで契約できる賃貸物件

賃室賃貸借契約書

賃貸物件を利用する際には、その諸条件をまとめて記載した文書である賃貸契約を締結します。契約当事者は、借主と貸主ですが、そこにもう一人、連帯保証人という第三者が関与してきます。連帯保証人とは、その名の示す通り、誰かと連帯して何かを保証する人ということになりますが、賃貸契約にあったては、借主と連帯で家賃債務保証をする人が連帯保証人です。従って、家賃が高額であればあるほど、連帯保証人の負担…

バスタブとアヒルのおもちゃ

賃貸物件の中には保証会社に家賃債務してもらえる

業務上、あるいは個人的な事情で頻繁に転居する人は、持ち家よりも賃貸を利用する方が何かと好都合でしょう。しかし、もし、何らかの事情で連帯保証人を引き受けてくれる人物が見つけられない場合は、賃貸探し…

もっと詳しく

綺麗な室内

賃貸物件を借りるのに保証会社を使える

家を購入することは、主として資金面で難しい場合が多いですが、かといって賃貸物件なら、ずっと低い予算で住居を確保できるので簡単かというと、そうとも言い切れません。特に、身寄りがない等の事情で連帯保…

もっと詳しく

通帳

保証会社を利用することで賃貸物件に入居しやすくなる

賃貸物件を借りるときには、書類やお金の用意が必要なうえに、親族に保証人をお願いすることが多いです。家賃は毎月発生するので、万が一滞納してしまった場合に備えて、連帯保証人になってくれる人が必要です…

もっと詳しく

記事リスト